ビューティサイエンスの庭、メディア掲載情報
ビューティサイエンスの庭、事務所概要
電話   03-6662-7800
メール  info@beautysci.jp
所在地  110-0015
     東京都台東区東上野
     3-33-9 森田ビル201
事業内容 美容セミナー
     美容コンサルティング
     美容総合事業

ビューティサイエンスの庭、LINKS

  • 美容の話|月2回更新
  • 岡部美代治 FACEBOOK

ビューティサイエンスの庭、メディア掲載情報

最新の情報

    「フラウ 2017年 5月号 (講談社)
    『UVベースに関する”わからない”5つのこと』 p154」

    『ネットで調べても検索できないようなUVベースのニッチな疑問に答える企画です。やはり正確な情報が無く消費者を迷わせているSPF値の足し算についてや、ナノ化された粒子は安全なのか、など5つのよくきかれる疑問に答えました。』

    「クロワッサン 2017年 5月10日号 (マガジンハウス)
    『心地良いから続けられる。』 p78」

    『時代と共に進化する美白ケアについて美容エディターの松本千登世さんとの対談企画です。日本人の肌色が変化してきたという事実をもとに、今後大切になる美白ケアの動向について話し合いました。』

    「フレグランスジャーナル 2017年4月号 (フレグランスジャーナル社)
    『ビューティサイエンティストの窓(47)』 p103」

    『今回はロボットについて考えました。センサーやAIの発達でパーソナルロボットを自作できる時代は確実に近づいています。その中で美容に役立つロボットについて考えました。
    私もRobi2というロボットを作ることに決めました。』

    「ヴォーグジャパン 2017年 5月号 (コンデナスト・ジャパン)
    『今年こそ透明感のある肌を手に入れる。』 p250」

    『きちんと美白ケアをしているのに効果を実感していない方の為に、今年の美白事情を解りやすく解説しました。夏前からの対策、そしてメインのシミ体質から抜け出す為の3つの方法について取材を受けました。』

    「シュプール 2017年 5月号 (集英社)
    『生討論!美白大賞の行方2017』 p46 』 p232」

    『今年の美白商品、UVケアから出来てしまったシミ対策商品まで激戦が続いていますが、4人の美容プロが討論し、美容大賞を決めるという企画です。美容プロは平さん、摩文さん、藤井さんと私で、それぞれが考察した今年の美白商品の傾向や特性を言い合いました。』

    「マキア 2017年 5月号 (集英社)
    『美白・UVグランプリ2017』 p180」

    『全体のベストコスメ上半期前にいち早く行われているのが美白とUVケア新製品のグランプリで、私は昨年に続き51人の選者として参加しました。今年は昨年より更に選ぶのが難しいほど新製品の力が接近していました。特にUVケアはトリートメント重視の傾向にあったのが印象的でした。』

    「クレア 2017年 4月号 (文藝春秋)
    『シンプル美白のすすめ2017』 p103」

    『日本では美白ケアが主流のひとつですが、消費者の思い込みや勘違いは相変わらず多いのが現状です。そこで思い込み美白ケアを正す目的での取材を受けました。答えたのは皮膚科医の涌水先生と私で見直し今さら聞けないポイントとQ&Aを6ページにわたる充実内容です。』

    「BEAUTY of MOISTURE 2017年 2月号 (三越のフリーペーパー)
    『How to スキンケア! 美肌入門編』 p1」

    『内容は、肌に合ったスキンケアに出合う為の準備として知っておかなければならないことを話しました。肌タイプを知ることの重要性と、ビューティアドバイザーに相談することをすすめました。』

    「TOMOKO 2017年 春号 (Tomod’s)
    『美容相談Q&A』 p18」

    『春の不安定肌を生み出す原因のひとつ、女性ホルモンの働きとトラブルのおこるメカニズムを解説しました。加齢の影響も考えてスキンケアも選ぶこともアドバイスしましたが、見直しは5年ごとに行うと良いとしました。』

    「aromatopia 2017年 2月号 (フレグランスジャーナル社)
    『手作りコスメのメリットとリスク』 p2」

    『アロマテラピーと自然療法の専門誌ですが、今回の手作りコスメの安全性と可能性を考える大特集の巻頭に総説として書きました。本来、私は手作りコスメ消極派ですが、そのメリットも認識しています。そういう意味ではコスメサイエンティストとしてきちんとした意見を書けたと思います。』

    「ヴォーチェ 2017年 4月号 (講談社)
    『スゴい!美白とUV全部』 p112
    『スキンケア刑事 シミが薄くならない事件』 p130  」

    『最初は美容ジャーナリストの吉田さんと今年の美白とUVケア新製品の動向を検討し、8つのキーワードにまとめて解説しました。もう一つは連載企画のみよじ刑事が資生堂研究所に乗り込んで、しつこいシミの原因と対策を取り調べました。』

    「マイエイジ 2017年 春号 (集英社)
    『肌が敏感になったときはどうする?!』 p60」

    『春先の肌トラブルは肌の土台からバランスがくずれているのが原因と考えて、質問に答える形での企画記事です。皮膚科医の津田先生と私の二人がていねいに答えました。自覚症状から敏感肌をチェックできるリストも載っています。』

     

>このページの上部へ戻る