ビューティサイエンスの庭、メディア掲載情報
ビューティサイエンスの庭、事務所概要
電話   03-6662-7800
メール  info@beautysci.jp
所在地  110-0015
     東京都台東区東上野
     3-33-9 森田ビル201
事業内容 美容セミナー
     美容コンサルティング
     美容総合事業

ビューティサイエンスの庭、LINKS

  • 美容の話|月2回更新
  • 岡部美代治 FACEBOOK

ビューティサイエンスの庭、メディア掲載情報

最新の情報

    「フラウ 2017年 11月号 (講談社)
    『理想的に年齢を重ねるために心がけていること』 p54」

    『この12月号で定期刊行物からムック本へと変わる直前の号に、ほんの 少しですがアンケートに答えました。「ありのままの自分を素敵に見せること」 その他7名の答えも当を得ています。』

    「フレグランスジャーナル 2017年 10月号(フレグランスジャーナル社)
    『ビューティサイエンスの窓』  p97」

    『いつもセミナー、プレゼン、メディアの取材などを通じて感じている伝達の 難しさについて書きました。多くの経験を積んで得た私なりのコツをまとめる 為に伝達することを科学的に考えてみました。そして結論は経験を積み、その都度 経験を活かして改善をし続けること以外にはありません。』

    「婦人画報 2017年 11月号 (ハースト婦人画報社)
    『贅沢派と自然派のあいだ』 p198」

    『ここ数年、オーガニックコスメの世界にもラグジュアリーを追求した 商品が増えています。そこにある欲求が今回のテーマで、編集者がパフェに 例えたいということで取材協力。パフェで一番美味しい贅沢さと植物の 魅力が混在した層が求められているところです。』

    「ヴォーチェ 2017年 11月号 (講談社)
    『アンチエイジング コスメナビ』 p94
    『秋の毛穴ケア事件簿』      p122」

    『みよじ刑事として2つの企画に登場しました。アンチエイジングコスメの 最新情報を徹底追求するハードボイルド路線、というか映画タッチの構成に なっています。名演技の研究者には感謝ですね。それと花王ビオレのタイアップ 企画に突撃調査しました。その他コーセーの美容液のコメントにも岡部として 登場です。』

    「マキア 2017年 11月号 (集英社)
    『今、注目のスゴ腕オイル100図鑑』 p249」

    『この数年の美容オイル新製品の登場で一気に使用者が増えたと感じて います。もはやオイルは肌に良くないとか、必要ないという話しは過去の こと。進化した美容オイル市場をまとめた小冊子挟み込み企画です。私の コメントは249ページのみですが、トレンドアドバイスで編集に協力 しました。』

    「マキア 2017年 11月号 (集英社)
    『そんな保湿はやめなさい』 p58」

    『この時期は保湿が最も重要なスキンケアテーマです。そこでスキンケア 好きな女性に多いNGケアについて、私と慶田先生、HANAオーガニックの 林田さんの3人が注意を呼びかけました。朝から寝るまでの生活スケールで 解説してあるのは新鮮な企画です。』

    「ジンジャー 2017年 11月号 (幻冬舎)
    『10年後の肌は今の「潤い力」で決まる!』 p152」

    『30代の肌にとって一番必要なことは正しい保湿の知識です。最初の エイジングの曲がり角をスムーズに通り過ごすポイントをまとめ、お勧め 商品をタイプごとに選んでみました。こうみるとバームが充実していますね。』

    「et Rouge 2017年 No.14 (日経BP社)
    『ふっくらの正体。 p61」

    『年齢を重ねてくるとシワっぽくなりしぼんでくるのはいやなことです。
    でも、その反対にふっくらしてくると女っぷりの良い肌になります。
    今回はふっくらの正体に3本の矢をいることで迫ります。
    この雑誌、何と読者登録すれば無料で読めます。
    http://nb241.jp/etRouge/1/』

    「「クレア 2017年 10月号 (文藝春秋社)
    『ハリとたるみ悩みは最新コスメで解消』  p78」

    『「リラックスするための美容」特集のひとつで、楽しみながらリラックス してスキンケアを楽しむことについて取材されました。来るハリ不足やたるみ の為に今のスキンケア習慣を見直してみることのすすめです。便利な方法として いつものスキンケアに美容液を追加することも提案しました。』

    「TOMOKO 2017年 秋号 (tomod’s)
    『美容相談Q&A』  p18」

    『毎年秋になると増えるのが抜け毛の相談です。とは言っても普段より極端に 抜け毛の数が増えていなければそんなに気にすることはありません。ただし 季節に関係なく頭皮のかゆみがあったり、フケが多いのは頭皮の炎症の現れ であることが多いのでシャンプーなどの洗い残しに気を付けるなどのアドバイスしました。』

    「ヴォーチェ 2017年 10月号 (講談社)
    『ビューティに吠えろ番外編』 p157」

    『SKUのタイアップ広告中のページに1ページほど割り込んだ番外編です。 読者モデルの商品に関する問い合わせに応えて捜査に乗り出しました。 マグネティックブースターという新ツールを使うとより効果的なこの商品、 この秋話題になりそうです。』

    「フレグランスジャーナル 2017年 8月号(フレグランスジャーナル社)
    『ビューティサイエンスの窓』 p92」

    『今回は専門外のことですが化粧品における香りとフェロモンの関係について 考えてみました。人間はフェロモンを発散させて情動行動を起こすことが生物学的に 納得出来るような研究を見たことがありません。でも、自ら分泌するのではなく 外から香りを借りてフェロモンと同じ作用を利用しているとみました。』

    「クレアボー 2017年 91号 (フレグランスジャーナル社)
    『いつも心にメディアリテラシーを』 p27」

    『今号で休刊となるクレアボーに特別寄稿することにしました。長年、連載や 投稿をさせていただき、私のエステ観を良く育てていただいた専門誌です。 テーマはメディアリテラシーで、何と特集は水素活用なのです。ちょっとした 皮肉っぽい組み合わせですが、これも運命ですね。クレアボーに感謝です!』

    「日経ヘルス 2017年 9月号 (日経BP社)
    『肌悩みを丸ごと解消!』 p96」

    『凄いタイトルですが、老け肌ケアの特集のQ&Aの中で「化粧水・乳液・ クリームをつけても乾きます。」という質問に答えました。ここで昨年出した 「ムダ美容をやめれば・・・」から60秒なじませ保湿テクニックを紹介しました。』

    「ヴォーチェ 2017年 9月号 (講談社)
    『2大巨匠が斬る、最新スキンケアまとめ』 p174
    『次はコレ、くる!下半期コスメ予報』   p167」

    『そろそろ下期の新製品も発表がほぼ終わり情報が出揃ってきました。 その中で私と同じく各社の新製品発表会に出向いている吉田さんと、 最新コスメについて分析しました。なかなかよくトレンドを押さえた 内容になっています。』

    「クウネル 2017年 9月号 (マガジンハウス)
    『間違っていませんか?あなたのこだわり美容法。』 p112」

    『思い込みとこだわりはよく似ています。でも間違った美容法は決して 美肌になる訳がありません。5人のスペシャリストが独自に判断し、その 総合結果を○△×で判定します。オイルクレンジングはしないは当然× ですが、6つの美容法を判定しました。』

    「ゆうゆう 2017年 9月号 (主婦の友社)
    『スキンケアの悩み』 p72」

    『夏に気になるスキンケアの悩み事7つに対して、ていねいに答える 企画です。原因を解りやすく解説し、お手入れ方法まで紹介する企画 です。メイクのくずれ防止のスキンケアテクニックや毛穴の対策など しっかりと取材を受けました。』

    「家庭画報 2017年 9月号 (世界文化社)
    『習慣を変えて育毛環境をつくる』 p185」

    『更年期から始める新習慣としてのヘアケアアドバイスです。私の 担当はシャンプーの見直しについてです。アミノ酸系の洗浄成分や 保湿成分の配合もひとつの目安です。シャンプーは2日に一度とした のは読者の層を考えてのことです。』

    「ちゃんと 2017年 9月号 (主婦と生活社)
    『夏のお疲れ肌を救う!頑張らないリセット美容』 p92」

    『美容家の小林ひろ美さんとのコラボ企画で私が理論と商品で 小林さんが美容テクニックを紹介する形です。シミ、シワ、たるみ、 毛穴の4項目が取りあげられています。コラボではお互いの意見の 調整が必要ですが、楽しい企画です。』

    「フレグランスジャーナル 2017年 6月号(フレグランスジャーナル社)
    『ビューティサイエンティストの窓 48回』 p110」

    『今回のテーマは「セミナー講演は音楽ライブ」と、ちょっとロックしてみました。私は常々セミナーはライブ感覚の方が意図が伝わりやすく、また反応も解りやすいと思っていました。そして閉め言葉は「セミナーを楽しもう」です。』

    「美的 2017年 7月号 (小学館)
    『シーン別、汗&ニオイ悩み、これで解決!』 p176」

    『梅雨時は汗とニオイ対策の企画が多く、今回はシーン別に対策を考える内容で、私と皮膚科の中島先生が答えました。暑い日に駆け込んだ電車の中での対応から始まり6つのシーンで答えました。』

    「ヴォーチェ 2017年 8月号 (講談社)
    『2017年上半期ベストコスメ』 p36
    『VOCEベストコスメのスゴさの歴史』 p82」

    『恒例になりました上半期のベストコスメの審査員として選定とコメントを入れました。そして18年目を迎え、このベストコスメがビューティ業界へ与えた影響などについて取材を受けました。』

    「ジンジャー 2017年 8月号 (幻冬舎)
    『2017年上半期 美女達の偏愛コスメ』 p116」

    『美容のプロ7名がトレンドを押さえ、厳正な審査をする企画ですが、今年もそのメンバーとして審査しました。今年のキーワードは、すっぴん美人、シミシワ改善、透明感ガールなどでした。』

    「マキア 2017年 8月号 (集英社)
    『2017年上半期 ベスト・オブ・ベスト大賞』 p150」

    『美のプロ69人の一人として選定しました。特集に当たって148ページでは心震わせた美容トピックというコーナーがあり、私はやはりシワ改善効果認証の出来事を取りあげました。』

    「家庭画報 2017年 7月号 (世界文化社)
    『白さを競うのではなく「綺麗」に魅せる最新美白』 p237」

    『編集部セレクションとして最新の美白化粧品についての取材を受けました。今年のキーワードは「肌色発光」と「メラニンケア」と切り出して、白さだけを追求する時代から肌を綺麗に見せる商品開発が進んできている現状を話しました。』

    「ミセス 2017年 7月号 (文化学園)
    『化粧水、そこが知りたい』 p186」

    『日々のスキンケア習慣のなかで、今さら聞けないような基本的な疑問に答える企画で取材を受けました。化粧水の役割からパッティング、コットン使用の有無、その後の使用アイテムなどに丁寧に答えました。』

    「ジンジャー 2017年 7月号 (幻冬舎)
    『今日から白髪のためにできること』 p131」

    『やはり出始めた白髪は気になるものですが、美香さん、高山さん、そして私の3人がアドバイス。予防対策としては頭皮マッサージで、出始めたら気にしすぎないことでストレスとの関係をアドバイスしました。』

    「ヴォーチェ 2017年 7月号 (講談社)
    『本当に知りたかった美白Q&A』 p104」

    『毎年のごとく美白Q&Aが企画されますが、やはりシーズン前にきちんと正しい情報を整理する意味でも良い企画です。特に私は「出張!みよじ刑事の美白成分x美白コスメ」というコラムもつくられました。』

    「TOMOKO 2017年 夏号 (Tomod’s)
    『美容相談Q&A』 p18」

    『今回はデオドラントの話しで臭い対策について述べました。臭いが発生する場所は頭と腋と足の3ヶ所が主なところで汗や皮脂が原因です。特に悪臭は微生物の代謝により発生しますので、洗浄が基本です。それ以外の方法も少しアドバイスしました。』

     

>このページの上部へ戻る