ビューティサイエンスの庭、メディア掲載情報
ビューティサイエンスの庭、事務所概要
電話   03-6662-7800
メール  info@beautysci.jp
所在地  110-0015
     東京都台東区東上野
     3-33-9 森田ビル201
事業内容 美容セミナー
     美容コンサルティング
     美容総合事業

ビューティサイエンスの庭、LINKS

  • 美容の話|月2回更新
  • 岡部美代治 FACEBOOK

ビューティサイエンスの庭、メディア掲載情報

2022年

    「VOCE 2022年 6月号 (講談社)
    『デリケート肌のためのクレイマスク、誕生』 p190 」

    『シトラナのタイアップ広告で、ゆらぎを繰り返す肌に、毛穴、ゴワつき、くすみ、テカリなどの肌悩みケアでコメントしました。』

    「美的グラン 2022年 春号 (小学館)
     『最新フルネス美白、3品あればエイジング肌はすべてうまくいく』 p46 」

    『エイジング肌の肌悩みが全て解決できる3アイテムによるフルネス美白の提案を特集記事で取材を受けました。その商品紹介と解説は納得性のあるものになったと思います。』

    「VOCE 2022年 5月号 (講談社)
    『HAKUと始める絶え間なき美白ケア習慣』 p81
    『ブライトニング&UVベスコス』     p166 」

    『HAKUのタイアップ広告でコメントを入れました。また恒例の美白ではなく、今年からブライトニング&UVベスコスと名前を変えましたが、その企画の審査員として投票しコメントを入れました。』

    「マキア 2022年 5月号 (集英社)
     『ブライトニング・UVグランプリ2022』 p212 」

    『恒例のブライトニング・UVコスメのベスコス企画に59名の美容賢者の一人として投票とコメントを入れました。』

    「フレグランスジャーナル 2月号 (フレグランスジャーナル社)
     『(連載)Catch the Wind』  p88 」

    『化粧品は皮膚科学だけではなく脳科学も重要な研究領域に入ってきたと思います。五感に作用する化粧品のコンセプトが増える中、脳が喜ぶ化粧品について考えてみました。』

    「VOCE 2022年 4月号 (講談社)
    『進化系UV誕生!』 p164 
    『美白オールインワンで始める一品投入美容』 p222 」

    『美白とUVのタイアップ広告が増え、今回はロート製薬のサスティナブルな新製品とプレミアアンチエイジングのカナデルの美白オールインワンクリームのコメントを入れました。』

    「マキア 2022年 4月号 (集英社)
     『美賢者も一目置く、クレ・ド・ポーボーテの先進ブライトニング』 p70 」

    『クレ・ド・ポーボーテのタイアップ広告記事ですが、常に技術革新をしている先進ブライトニングのポイントをコメントしました。』

    「VOCE 2022年 3月号 (講談社)
    『激論!美容サミット2022』 p54 」

    『2022年の美容トレンドを皮膚科医の友利先生、美容ジャーナリストの吉田さん、ヘア&メイクアップアーティストの長井さん、そして美容編集者の楢崎さんと一緒に豪華メンバーで討論しました。』

    「MONOCO(ウエブマガジン)
    『育毛研究50年、薄毛DNAなんのその!』
     https://onl.la/1Z1bXqV

    『私が美容業に入るきっかけに始まり、育毛研究から育毛剤の開発、そして現在uruotte薬用ハーバルエッセンに至るまでの物語が楽しく書かれています。』

    「VOCE 2022年 2月号 (講談社)
    『乳液&クリーム 保湿の大研究』 p134
    『年間ベストコスメ』    p48 」

    『保湿の基本である肌への適切な油分補給アイテムの乳液とクリームについて大いに貴子先生とコメントを入れました。10の疑問に丁寧に答えました。それと恒例の年間ベストコスメの審査とコメントしました。』

    「マキア 2022年 2月号 (集英社)
    『生まれ変わったDERMED』 p136 」

    『三省製薬の顔となるブランドDERMEDのリニュウアルに関してのタイアップ広告にコメントを入れました。美白成分のコウジ酸はこの会社が開発しました。』

    「日経ヘルス 2022年 冬月号 (日経BP)
    『NMN、ナイアシンアミドの可能性』  p83 」

    『今話題のサプリ成分であるNMNについての特集企画にスキンケアとしての美容成分として着目されているナイアシンアミドと共にコメントしました。』

    「マキア 2022年 1月号 (集英社)
    『2021下半期ベストコスメ発表』p58
    『コスメのお手入れ&収納BOOK』  p180 」

    『恒例の下半期のベストコスメで投票しアルティミューンの美容液などにコメントを入れました。それと化粧品の捨て時、替え時に関して長井かおりさんと共にコメントをしました。意外と役立つ情報です。』

    「ヴォーグ 2021年1月号(Conde Nast Japan)
    『ヴォーグ・ビューティアワード2021年』
     https://www.vogue.co.jp/beautyawards/2021/winners/

    『今年で10回目を迎えるVOGUE誌の最高にファッショナブルな化粧品のアワードが決定しました。私は2回目から選考委員として参加していますが、特に今年はSDGsの流れもありジェンダーフリーの「ジェンダーフルイド賞」が設けられたことが画期的です。』

    「フレグランスジャーナル 2021年 11月号 (フレグランスジャーナル社)
    『(連載)Catch the Wind』 p64 」

    『今回は2021年度ノーベル物理学の眞鍋淑郎氏の複雑系に対するモデリングの試みに関して思ったことを書きました。皮膚の様々な代謝も複雑系なので、その解釈に役立つのではないかと思ったのです。』

     

>このページの上部へ戻る